NFTアートの作り方や始め方を徹底解説詳しくはこちら

暗号資産に関するトラベルルールは海外取引所なら影響ない!

ママちゃん

ちょっと!送金しようとしたらアドレス消されちゃってたじゃない!

ぐり

いちど落ち着きましょう!今は登録しなおせばいいだけですよ

この記事は2022年4月1日施行された「トラベルルール」に関する記事です。

執筆日は同年4月4日なので、今後改訂される可能性があることをご了承ください。

あなたは国内の暗号資産取引所を利用していますか?

今後NFTアートや新規発行される草コインを購入する際に、そのまま国内の取引所を使っていると大変なことになるかもしれません。

結論だけまずお伝えすると「海外の暗号資産取引所」をおすすめします。

\無料登録でさまざまな特典がついてくる/

なお、この記事は「3分」で読めます。

トラベルルールをざっくりわかりやすく説明し、今後の対応策も紹介していますので最後までお付き合いください。

この記事を書いている人

ぐり

  • 国内上位2.8%NFTコレクター
    (現在8名のNFTクリエイターによるアートを所持)
  • BYBITで資産運用を始めた者
    (2022年4月より開始。順次成果報告していきます)
  • クリエイター全力応援部
    (詳しくはAboutで)

Twitterはこちらから_ぐりラボ

目次

トラベルルールってそもそも何?

現在のロシア-ウクライナ間での戦争が問題になっています。

ロシアが自国への「経済制裁」が理由で軍事費の調達が困難になったため、暗号資産を用いて資金調達していたから。

トラベルルールとは、「利用者の依頼を受けて暗号資産の送付を行う暗号資産交換業者は、

送付依頼人と受取人に関する一定の事項を、送付先となる受取人側の暗号資産交換業者に

通知しなければならない」というルールです。

このルールは、FATF(金融活動作業部会)が、マネーロンダリング及びテロ資金供与対策

についての国際基準(FATF 基準)において、各国の規制当局に対して導入を求めているも

のです。

一般社団法人日本暗号資産取引業協会

要するにテロ活動などに暗号資産は使わせない!ってことですね。

ただ暗号資産に使わているブロックチェーンという仕組みが、非中央集権を意味しているのであれば逆に向かっている気がしますが。

トラベルルールで変わったこと/変わっていくこと

出典:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

2022年早いところでは3月30日からトラベルルールの準備期間に入っています。

準備期間とはいえ、効力は生じますので注意してください。

そして同年10月1日からは「本施行日」として正式に施行されます。

僕たちがしなければいけないことは以下の通り。

トラベルルール本施行日まで
  • 住所の記入
  • 名前の記入
  • アドレスの記入
  • 送り先の明記
  • 受取人の明記

送金先が暗号資産取引所であれば、その名称も記入しましょう。

そして本施行日になったら、追加で明記しなければいけない項目が増えます。

本施行日以降
  • 送金する目的
  • 受け取る側の住所

細かく記入・明記する項目があるので面倒ではありますが、決まったルールなので仕方がないですね。

トラベルルールの注意点

今後送金する際に注意しなければならないことがあります。

送金先の違いによって、あなたがお使いの取引所の対応が変わるということ。

3つは以下の通り。

送金先3パターン
  • 国内Aから国内B

受け取り人と送付先が同一であること
受け取り側が国内暗号資産交換業者であること
送付資産がBTC,ETHであること
日本円で10万を超えること

  • 国内Aから国内B

送付先は国内だが、送金通貨がBTC,ETH以外の通貨
日本円で10万円以内

  • 送付先が海外取引所や個人ウォレット

主な海外取引所であるバイビットやバイナンス
個人ウォレットで有名なメタマスクなど

また、国内に送る場合にも注意が必要です。

トラベルルールのない取引所から国内に送られる場合、国内取引所は受け取れるか判断する

上記のような場合、判断次第では通貨がバーン(消去)されたりアカウントを凍結されたりも…

そして10月の本施行日より、国内取引所から個人のウォレットに送った情報を保管しなければいけません。(トランザクションや履歴)

NFTや草コインを買うなら海外取引所を使うこと

結論として、国内取引所の利用は早い段階で辞めておきましょう

なぜならNFTアートや草コインの購入がスムーズにできなくなるから。

今後新しい草コインが出て買いたいときに送金で手こずったりしたくないですよね?

オープンシーで欲しいアートが手に入らないなんてことも嫌ですし…

海外取引所のバイナンスやバイビットであれば現状困ることはありません。

しかし今後、国内でも暗号資産の規模が拡大すれば充分楽しめる環境がくるかもしれませんね!

\世界最高峰のセキュリティを誇る/

追記です。メタマスクから直接イーサリアムを購入できるようになりました!

クレカ支払いで決済できますので、NFTを購入したいのであれば直接購入でもよいですね。

「WEB3.0」の情報はめまぐるしく変わります。

なのであなたの目でしっかりと見て判断していきましょう。

ではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる